2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 棋譜並べについて Vol.3 ~ 棋譜の表と裏 -理論編2- ~ | トップページ | 復活の狼煙 »

2012年6月16日 (土)

棋譜並べについて Vol.4 ~ 棋譜の表と裏 -理論編2- ~

 読者の皆さん、お疲れ様です。いつもご愛読ありがとうございますm(_ _)m

多忙な身ではありますが、こうやって自分の好きな将棋について思索を巡らせることは、とても良い息抜きになります。内容はいたって真面目ですが^^;


 さて、前回は「開始日時」についてお話ししましたが、今回はその続きを書くことにします。

その前にもう一度開始日時についておさらいしておきましょう。

「開始日時」とは対局が行われた時間ですが、時間には幅があります。つまり、何時何分に対局が始まったと点で考えるのでなく、その一局を巡る時間軸として線で考えるべきと言えます。

これについては、時間軸の幅の広さによって次の3つの見方があるとお話しました。

  ①対局当日のスケジュールと調子(小さいスパンで見る)
  ②その対局のための用意に費やした時間(中くらいのスパンで見る)
  ③将棋の歴史全体からみた一局の意義(大きいスパンで見る)

前回お話したのは①と②について。これは「対局者個人の意気込み・調子」に焦点を当てた見方です。


 では、今回は③「将棋の歴史全体からみた一局の意義(大きいスパンで見る)」について考えてまいりましょう。


 ①、②は対局者の頭の中を考える意味での見方でしたが、③ではあまり対局者の頭の中については深く考えません。

全く対局者のことを考えないのではなくて、「その対局者はどんな人だったか」という評判、言い換えると言葉は良くないかもしれませんが、その人の「レッテル」に目を向けるのが大事になってきます。


 たとえば、皆さんは大山康晴先生をご存知でしょうか?本格的に将棋をやっている人でこの人の名前を知らない方はほぼ皆無でしょう。

では、大山先生はどんな方だったでしょうか?と聞かれて、答えがすぐにパッと頭に浮かびますか。

具体的な事項としては、どんな戦法が得意だったか、どんな棋風だったか、どんな性格だったか、将棋界や戦法にどんな影響を与えたか?

将棋とは人が指すもので、個性があります。棋譜を並べる前に、そういった個性を把握しておくと、「あ、この手はこの人らしい」とか「普段使わない戦法を使っているのは何故か?」とか考えることができます。それには意味が隠されているのです。

大山先生の得意戦法は四間飛車や中飛車、といった角道を止めるノーマルな振り飛車党。相手も振り飛車党だと、相振りは避けて自分は居飛車にして位を取って手厚く指す棋風。そして、特筆すべきは受けの力でした。

大山先生には色々なエピソードがありますが、一つに勝負事に辛い人であったということがあります。それは盤上だけでなく、盤外での人間関係などの政治力にも長けていた方でした。棋書だけでなく、人生訓を書いた本も出されています。

 これはあくまで僕自身の大山先生の見方であって、全てではありません。

しかし、自分なりに棋譜の対局者の特徴を知っておかないと、棋譜の面白みや個性を指し手の感じることができません。

では、その人について知らないまま棋譜を並べるのは無意味かというとそうではなく、こういった対局者の棋風については、その人の指した将棋を何局も並べていると見えてきたりします。

今は棋書に書いてあることだけでなく、ネットで情報を探せば、その人がどんな人だったのか色々な逸話が得られるでしょう。

たとえばwikipediaでは、大山先生はこのように紹介されています。ご参考までに。
→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B1%B1%E5%BA%B7%E6%99%B4


 大山先生以外にもプロ棋士は大勢います。

皆さんは何人くらい名前を言えますか?たとえば羽生善治先生を知らない方はいないでしょう。

そしてその人たちはどんな人ですか?得意戦法は?棋風は?性格は?癖は?などなど。

現役のプロなら、その人たちについて情報を得るのはたやすいでしょう。今は現役ではない人や既に亡くなった人だと、なかなか情報は得にくいでしょう。


 どこまで対局者の知識を得るべきかについては、個人の自由だと思います。

自分の場合は、
 ①棋風
 ②よく用いていた戦法
 ③その人の新手、構想が流行を変えた戦法
 ④将棋に関するエピソード
 ⑤将棋以外でのエピソード
について知識を持つようにしています。

④、⑤についてあまり必要ないと思う方もいるかもしれません。はっきり言って雑学に近いので。でも、指し手の裏を考える上ではあれば役立つ知識だと思います。


 このように対局者についての知識を得るのがまず一点です。今日はここまでにしておきましょう。

次回は「戦法について知識を得ること」についてお話ししようと思います。

« 棋譜並べについて Vol.3 ~ 棋譜の表と裏 -理論編2- ~ | トップページ | 復活の狼煙 »

テディ流将棋講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669165/45678139

この記事へのトラックバック一覧です: 棋譜並べについて Vol.4 ~ 棋譜の表と裏 -理論編2- ~:

« 棋譜並べについて Vol.3 ~ 棋譜の表と裏 -理論編2- ~ | トップページ | 復活の狼煙 »