2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« サイト紹介vol.1 「格言を勉強できるサイトのまとめ」 | トップページ | 棋譜並べについて Vol.3 ~ 棋譜の表と裏 -理論編2- ~ »

2012年5月 6日 (日)

穴熊の先にあるもの

現代将棋は玉の固さを重視します。
居飛車穴熊や、横歩取り8五飛戦法における中原囲いに代表されるように、「囲いは金銀4枚、攻めは飛角桂」という新しい感覚が主流となっています。固めるだけ固めてドカンという将棋が多くなったんですね。

確かに玉が固いと勝ちやすいです。多少は無理が通るし、逆転にもつながりやすい。でもそれはあくまで現代の主流であって、10年後はどんな将棋が流行っているのかは分かりません。

しかし、玉を囲うなら盤面の関係上、穴熊以上に深く固く囲うのは不可能な気がします。もちろん最強の囲いは「入玉」ですが(笑)、それは最初から狙うものではなく、中終盤の兼ね合いによるものです。

となれば、穴熊の先にある将棋とは何なのか?答えは誰にも分からないかと思います。僕は玉のバランスや戦法選択の自由度だと思いますが、ただ具体的な形は分かりませんし、あっても糸のように細い精密な手順が必要になるんじゃないかと思います。

とまあ、僕の穴熊論はこのぐらいにして、最近自分が穴熊に潜った将棋を紹介します。この将棋はお互い定跡にない形から穴熊を目指しました。

穴熊は固めてドカンという豪快なイメージがあると思いますが、その豪快な捌き合いの後に優位を握るためには、駒がぶつかる前の駒の細かな位置取りが優劣に直結してきます。結局は駒を無駄使いしていては勝てないんですね、たとえ穴熊であっても。

振り飛車に対する居飛車穴熊や四間穴熊はかなり定跡が整備されていますが、このように力戦形で穴熊になったときは、的確な序盤感覚が必要になります。そのことを示すのに良い題材として本局を取り上げました。


« サイト紹介vol.1 「格言を勉強できるサイトのまとめ」 | トップページ | 棋譜並べについて Vol.3 ~ 棋譜の表と裏 -理論編2- ~ »

自戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669165/45149161

この記事へのトラックバック一覧です: 穴熊の先にあるもの:

« サイト紹介vol.1 「格言を勉強できるサイトのまとめ」 | トップページ | 棋譜並べについて Vol.3 ~ 棋譜の表と裏 -理論編2- ~ »