2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月 6日 (日)

穴熊の先にあるもの

現代将棋は玉の固さを重視します。
居飛車穴熊や、横歩取り8五飛戦法における中原囲いに代表されるように、「囲いは金銀4枚、攻めは飛角桂」という新しい感覚が主流となっています。固めるだけ固めてドカンという将棋が多くなったんですね。

確かに玉が固いと勝ちやすいです。多少は無理が通るし、逆転にもつながりやすい。でもそれはあくまで現代の主流であって、10年後はどんな将棋が流行っているのかは分かりません。

しかし、玉を囲うなら盤面の関係上、穴熊以上に深く固く囲うのは不可能な気がします。もちろん最強の囲いは「入玉」ですが(笑)、それは最初から狙うものではなく、中終盤の兼ね合いによるものです。

となれば、穴熊の先にある将棋とは何なのか?答えは誰にも分からないかと思います。僕は玉のバランスや戦法選択の自由度だと思いますが、ただ具体的な形は分かりませんし、あっても糸のように細い精密な手順が必要になるんじゃないかと思います。

とまあ、僕の穴熊論はこのぐらいにして、最近自分が穴熊に潜った将棋を紹介します。この将棋はお互い定跡にない形から穴熊を目指しました。

穴熊は固めてドカンという豪快なイメージがあると思いますが、その豪快な捌き合いの後に優位を握るためには、駒がぶつかる前の駒の細かな位置取りが優劣に直結してきます。結局は駒を無駄使いしていては勝てないんですね、たとえ穴熊であっても。

振り飛車に対する居飛車穴熊や四間穴熊はかなり定跡が整備されていますが、このように力戦形で穴熊になったときは、的確な序盤感覚が必要になります。そのことを示すのに良い題材として本局を取り上げました。


2012年5月 3日 (木)

サイト紹介vol.1 「格言を勉強できるサイトのまとめ」

 「サイト紹介」というカテゴリを作りました。自分が将棋のHPを探訪した中で有用と思うサイトを紹介していこうと思います。
目指せ、将棋HPコンシェルジュ(^^)/ ちなみに、自分が情報発信するうえで他人の二番煎じにならないように情報収集する、という意図もあります。


 今回は第1回としまして、将棋の格言を紹介しているHPをまとめて掲載してみました。


 格言は先人が残した偉大な教えを端的にまとめた言葉です。
覚えておけば、対局中に指す手に困ったときや自信が持てなかったときの道標となってくれます。

 入門当初から全てを覚えるのは大変ですが、棋力が上がってくると「ああ、そういうことなんだなぁ」と思うことが多々あります。もちろん、局面によっては例外もあるわけで、そういう時は格言が先入観となって判断の邪魔になることもあるわけですが、まあそれはその場で臨機応変に判断しましょう。


 ここが一番量があって解説も充実しています。
http://www.shogitown.com/school/dictionary/maxim/maxim.html

 皆さん御用達のwikipedia。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%86%E6%A3%8B%E3%81%AE%E6%A0%BC%E8%A8%80

 ここはプロの残した言葉なども加えてあり、独自色の強いサイトです。
http://rocky-and-hopper.sakura.ne.jp/kakugen/kakugen001.htm

 学ぶ上で、量的には上の3つのサイトで十分事足りるかと。
他には以下のようなサイトがあります。

http://shodan-navi.com/tesuji/tesuji.htm

http://www.geocities.co.jp/playtown/6157/tesuji/tesuji_f.html

http://page.freett.com/kikoehureai/hetappi/kakugen/index.htm

http://www.asahi-net.or.jp/~va5t-sd/komatukai.htm



 色々ある格言の中から、自分が初心者の方に覚えておいてほしいと思う格言を下に10個まとめてみました。
意味は上記のサイトなどから調べてみて下さい。

1.王飛車接近すべからず

2.飛車先の歩交換三つの得あり

3.攻めは飛角銀桂守りは金銀三枚

4.桂の高跳び歩のえじき

5.歩のない将棋は負け将棋

6.三歩持ったら継ぎ歩とたれ歩

7.終盤は駒の損得より速度

8.不利な時は戦線拡大

9.二枚替えなら歩ともせよ

10.寄せは俗手で


 ちなみに余談ですが、格言という意味を表す言葉は英語にはいくつかありますが、私が一番しっくりのはaphorism[アフォリズム]とう単語。良いこと言ってるはずなのに「アホ」って響きが面白いですよね(笑)お笑い芸人で「バカリズム」さんというのがいますが、これは恐らくこの単語をモジったものなのかと。。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »