2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 棋譜並べについて Vol.2 ~ 棋譜の表と裏 -理論編1- ~ | トップページ | サイト紹介vol.1 「格言を勉強できるサイトのまとめ」 »

2012年4月27日 (金)

神の一手を求めて

 「最善の一手の追及・・何という喜びであろう」という言葉を言ったのは漫画『ヒカルの碁』の藤原佐為です。もちろんフィクションです。

 でもあの漫画は画も奇麗だし、話もよく練られていて名作だと思います。あれが囲碁じゃなくて将棋だったら良かったんですがねー(笑)

 まー、登場人物の誰が好きとかいうオタ話をし出すと脱線してしまうでしょうから、いずれ話すとしてここでは置いておきましょうww

 さて、先述した佐為の君は神の一手を極めるためにヒカル君に摂り憑いたのでした。しかしそれは、囲碁だけでなく将棋を指す人、またアマプロなど棋力を問わず誰にとっても同じ目標であると思います。

 将棋の指し手の場合の数は人知をはるかに超え、最先端のスーパーコンピュータでも計算し尽くせないほどです。

 しかし、人間は脳で無駄な手、つまり最善手からは程遠い手の読みを省略し、その局面局面において正しい手を読み、指すことで詰みというゴールを目指すわけです。

 「神の一手」とタイトルで謳いましたが、将棋は一手で決まるものではありません。「神の一手」というのが100点満点で100点の手であるとするならば、たとえ次の一手の問題で100点の手を指せても、一局を通してずっと100点の手を指し続けることは困難です。プロでも見落としや読み違いはあるのですから、将棋にあまり時間を割けない我々アマチュアには程遠い話であるように思います。

 しかし、勝つためには100点の手を指す必要はないと思います。だから、ある局面で一手だけ100点の手を指すより、一局を通して終始70~80点の手を指し続けることができた方に結果として勝ちが転がり込むのです。

 有段者になると、この70~80点の手の押収です。というか、良さそうな手が2,3見え、それについて更に読みを深めていき、その中から一手を見つけてそれを指すわけです。つまり、その瞬間に自分の頭の中ではその手が100点であるわけです。でも、それが間違っていたりするから将棋は難しい。

 逆に、分からない時、すなわち指し手に点数を付けられない時もあります。それは読み切れなくて自信がない、相手玉の詰みの形を描けない、など理由は様々です。でも指さなければ将棋は進まず、分らないまま指していればある程度形になっていくから将棋は難しい。

 さて、書いているうちに何を言いたいのか分からなくなってきましたww

 とりあえず、こういうことをふと考えた一局を御覧ください。

 相手の方の棋力は五段とありますが、レーティングでいうと当時2400。自分にとっては格上挑戦で金星を勝ち取ったわけですが、指している最中は終始自信がありませんでした。早指しで時間が短い将棋だったから、読み切れなかったというのもあります。きっと相手も同じ気持ちだったのでしょう。

 でも、この将棋は改めて並べ直しても勝った実感が持てません。本譜よりもっと良い手があるようにも見えるし、本譜で良かったようにも思える。

 持論として、自分が勝った将棋からは得るものが少ないと思います。勝局というのは、とりあえず自分を出し切って勝てたわけですから、自分が改めて考えても鉱脈の発見の可能性が少ないわけじゃないですか。なので自分で考える気にはならない。

 こういう時便利なのはコンピュータですよね(^^)/あーだこーだ文句垂れずにせっせと棋譜を解析してくれるから楽です。今ではフリーでも強いソフトがあるので、コンピュータを使った棋譜解析については、いずれ回を取って紹介しようと思います。

 何かあちらこちらに思索が飛んで、最初に書こうとしていたことが書き切れなかった気もします(笑)長い自慢話にお付き合い下さり、ありがとうございました。

« 棋譜並べについて Vol.2 ~ 棋譜の表と裏 -理論編1- ~ | トップページ | サイト紹介vol.1 「格言を勉強できるサイトのまとめ」 »

自戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669165/45050774

この記事へのトラックバック一覧です: 神の一手を求めて:

« 棋譜並べについて Vol.2 ~ 棋譜の表と裏 -理論編1- ~ | トップページ | サイト紹介vol.1 「格言を勉強できるサイトのまとめ」 »