2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ミニチュアゲーム | トップページ | 棋譜並べについて Vol.1 ~棋譜並べの意味とは~ »

2012年4月16日 (月)

昔の自分と今の自分

もし今の自分がタイムマシンに乗って、過去の自分に会ったらどうなるか?誰しもが一度は考える疑問かと思います。

たとえば将棋なら、過去の自分と戦ったらどちらが強いか?というのが一番分かりやすい比較となるでしょう。

何故こんなことを考えたのかというと、自分の活動するサークルで「ブログで右四間飛車の記事を書くつもりでいる」という発言をしたので、今頭の中に散乱している研究を整理するために昔自分が指した右四間の棋譜を並べ直していたからです。

その棋譜が下の棋譜なのですが、これは8年前自分が右四間にハマッていた頃の棋譜です。確かこの戦型を知ったのは、大会に出たときに逆に右四間を指されて自分がどう対応していいか分からなかったからと記憶しています。ミイラ取りがミイラになった感じですね(笑)

さて、本譜を改めて並べ直していると、案外自分の将棋感覚が変わっていないのに気付きます。局面によっては、現在の第一勘と違う手を指していたりするのですが、昔より手厚く指すようになったと思っていたのに、この棋譜でも優勢になってからは落ち着いて勝っています。どうやら自分は、昔からあまり進歩していないようです^^;

まあ途中将棋から離れていた時期もありましたし、今もそんなに時間とって研究しているわけでもないし、昔から実戦派だし・・・と色々言い訳はありますw

でも確実に昔と変わったといえるのは、優勢になってからの逆転負けが少なくなった、勝ち切り方・逃げ切り方が上手くなったような気がします。逆に、序中盤で手厚く指したつもりで、安全な手を選ぶ度合いが上がったような気します。知識の量も含めて、エンドレスに対局を続ければ、今の自分が6割は勝つイメージですね。

これからも若かった自分を振り返りながら、過去の棋譜を整理して懐かしもうと思います。
さて読者の皆さん、あなたは昔の自分から今の自分は何が変わったと思われますか?

« ミニチュアゲーム | トップページ | 棋譜並べについて Vol.1 ~棋譜並べの意味とは~ »

自戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669165/44899514

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の自分と今の自分:

« ミニチュアゲーム | トップページ | 棋譜並べについて Vol.1 ~棋譜並べの意味とは~ »